革ブーツのお手入れ方

一般的な革ブーツの場合
革ブーツ

まずはここに注意

丈夫で風合いを楽しめることからバックや靴などに広く使われている革製品!!
染色しただけの艶のある表面を活かしたスムース革や、その表面に模様をプレスした
型押し革などがあります。
ここで気をつけることが革は丈夫な反面、汚れを吸収してしまうことです。
そうです!!革製品はお手入れが重要なのです!

お手入れ方法

1.クリーナーを使い汚れやクリームを落とす

革靴お手入れ
革製品は製造工程で靴クリームなどがしっかり塗られています。
まずはクリームを取り除かないと新しく栄養が補給できません。
初めに柔らかめの布を人さし指に巻き付けて、その先に少量のクリーナー剤をなじませ、
にうすくのばしていきます。
内側は風通しが悪いので汚れは防カビ剤配合のクリーナーすると効果的です。
布素材の場合は、家庭用中性洗剤を薄めて利用しましょう。
固く絞り軽くたたくように汚れを落としましょう。

2.靴用クリームを塗る

靴 クリーム
まず靴と同色の靴クリームを選びます。
靴クリーム用ブラシ(スポンジなどでも可能)で、全体に薄くのばして行きます。
色ムラになることに注意して、作業はすばやしましょう!
ブーツの場合はスカートなどに触れて色移りすることがあるので、靴全体ではなく、
シワになりやすい足首から下の部分だけ塗るだけでも十分です。

3.ブラッシングで仕上げ

靴ブラシ 靴 防水スプレー

 

靴用ブラシで、艶が出るまで丁寧にブラッシングします。
靴クリームを塗る行程で、ムラになっていたり、余分に塗りすぎている部分なども、
このブラッシングでキレイに仕上げることができます。
均一に伸ばすことで、キズなども隠れ、クリームに含まれるロウ成分が行きわたるので
撥水効果も期待できます。
意外にもここが大事です!ブラッシングを怠らないようにしましょう!
最後に防水スプレーをします。
防水スプレーをすると水だけではなく油分なども弾いてくれるので後のケアが楽になります!
ここで注意なのが必ず靴専用の防水スプレーを使用しましょう。

お手入れを定期的にすることで結果的に革の寿命も延びます。
革製品も人間同様普段のケアが必要不可欠なのです。
自分でどうしようもできない場合は

革製品のプロフェッショナル・リボーンスミス岡山にお任せください!


<a href="tel:086-259-1490"><img src="<?php bloginfo('template_directory');?>/imagesリボーンスミスへのお問合せはtel:086-259-1490
2013-11-12 | Posted in お手入れComments Closed